サービス品質 - サービス・インフラストラクチャ


サービス・インフラストラクチャ


クラウド統合管理

近年、複数のプライベート・クラウド、パブリック・クラウドを同時に利用する機会が増えつつあります。それに伴い、各クラウドで提供されている管理機構の差異が問題となっています。我々はクラウド管理機構の差異を吸収して、仮想的に統合することによって、ヘテロジニアスなクラウドを相互接続する、クラウド統合管理技術を研究しています。

IBM Management System of Infrastructure as a Service for IT & Sensors

本プロジェクトはクラウド・コンピューティング環境下でCPU やストレージ、ネットワークといった通常のIT 資源と同様に、センサーデバイスをクラウド上のIT 資源の一つとして扱い、ユーザにセンサーデバイスをインフラとして提供できるシステムを開発、研究しています。このシステムではクラウド環境の機能である仮想化、自動化、標準化をセンサーデバイスへ適用し、センサーデバイスの共有化、カタログ化および自動設定を可能にし、ユーザが簡単にかつ迅速にクラウド上でセンサーデバイスの使用が可能となります。

参考文献:


Service Infrastructure Deployment Automation and Optimization

大量のサービスインフラ(IT機器)を短期間かつ最小限の作業量で提供するために、システム構築作業の自動化と、オフショア(作業の海外委託)に代表される多数の主体が介在する業務フローの設計・実行の効率化を研究しています。


大量のライフログデータ分析のためのクラウドインフラ環境

近年スマートフォン等の広く普及した機器から大量のライフログデータを取得することが可能になってきています。本研究ではこのような大量のライフログデータを効率的に処理、分析するために必要となるクラウド技術を研究しています。