アクセシビリティ - 情報アクセシビリティ技術


情報アクセシビリティ技術

IBM東京基礎研究所では、およそ30年間に渡り、情報技術の力で多様なニーズを持つ人々の社会参加をサポートするための様々な技術を生み出してきました。1980年代に開発した点字ワープロやデジタル点字共有システムは、現在もデファクトスタンダードとして広く使われています。1997年には世界初の実用的な音声Webブラウザである「IBMホームページ・リーダー」を、2000年代にはWeb開発者向けツール「aDesigner」やインターネット閲覧支援ツール「Easy Web Browsing」を開発しました。現在は、インターネットを介して多くの人々の力を集める「クラウドソーシング」によってアクセシビリティ向上を目指す「クラウド・アクセシビリティ」の考え方を軸に、視覚や聴覚に障害を持つ人々の情報アクセスを支援するための新たなサービスの開発に取り組んでいます。

 

EBTS:アクセシブル電子書籍製作支援システム

音声読み上げ可能な電子書籍は、視覚障害や識字障害(ディスレクシア)などのため印刷物へのアクセスに困難を持つ方々の情報取得を可能にします。EBTSは、文字認識・文書構造推定技術とクラウドソーシング校正を組み合わせ、印刷物を効率よくアクセシブルな電子フォーマットへ変換するためのシステムです。

CCES:動画字幕編集システム

教育や仕事の現場での動画コンテンツ利用の拡大にともない、聴覚障害などを持つ方々が動画を理解する手助けとなる字幕の必要性が増しています。CCESは、音声認識技術とクラウドソーシング校正を組み合わせ、動画コンテンツに効率よく字幕を付与するためのシステムです。

WAIS:Webアクセシビリティ向上システム

多くのWebサイトは、見出しや代替テキストの欠如など様々なアクセシビリティ上の問題を抱えています。WAISは、アクセシビリティ自動検証機能およびサイト利用者からの問題報告機能を持ち、独自のマッシュアップ技術によって元コンテンツを変更することなく即時にアクセシビリティ問題を改善することが可能です。

EWB-C:Easy Web Browsing - Cloud

多数の自治体・企業様への導入実績を持つEasy Web Browsingのクラウド版です。Webサイトに音声読み上げや配色変更など様々な支援機能を追加することができます。

クラウド・カード(Crowd Card)

企業内SNS等に死蔵された価値ある知識をゲーム感覚で発掘し、活用促進することを目的としたシステムです。どこにでも埋め込める小さなカード型インターフェースを通し、興味や状況に応じた情報を提示します。